Monthly Archives 7月 2018

転職してこられた看護師さんに悩みを聞いてもらってます

妊娠32週になり、妊娠後期になりました。
今は、2週に一度の妊婦検診になっています。何度も病院に通うようになり、だいぶ病院の流れも分かるようになって来ました。この前は、今通っている和歌山市内の産院で出産をすることになるので、私の家族などについての聞き取り調査が、看護師の方からありました。

完全に母乳で育てたいか、出産後は誰が手伝ってくれるのか、私の家族構成、家族で糖尿病の人はいるかどうかなど、いろいろと聞かれました。私は、里帰りはせずに、今住んでいる和歌山市内で生んで、義理の母親がこちらに泊り込みで来てくれて育児の手伝いをしてくれることになっています。

正直、義理のお母さんが来るということで、あまり長居はして欲しくないという気持ちと、初めての出産、育児なので旦那さんは毎日仕事で家に帰ってくるのが遅いために、ワンオペになることが想定されます。一人で育児をしていけるのだろうか、という不安もあります。

今住んでいるところも、住み始めてまだ数ヶ月というところなので、周りに知り合いもいず、まだまだ、周りの地理的なものもわかっていないという状況です。これからの不安もあり、どうしようかと思い悩むことばかりです。幸い、最近転職して来られた看護師さん【看護師 求人 和歌山市】がとてもよい方で、私のそういった細かい話しも聞いてくれるのでストレスを溜めずに過ごせています。

来週は、今通っている産院が主催している母親学級に行ってみることにします。自分が入院する病室を見学させてもらったりもできるみたいなので、事前に部屋が見れるのはうれしいなと思います。だんだんと出産が近づき、ネット上でいろいろと情報は集めたりしてみますが、やはり、実際に見てみるのが一番安心できると思います。病院での母親学級に参加するのは初めてなので、どのようなことをしてくれるのか分かりませんが、せかっくの機会なので、聞きたいことをいろいろと聞けたらいいなと思っています。

病院は、1ヶ月前までは患者さんの数も少なかったのですが、なぜか今は人が多く待ち時間が長いです。その月によって、人が多いときと少ないときとがあるので、毎回待ち時間がバラバラで、なかなか時間配分ができません。